保育所や託児所で保育士が作成する書類

保育所や託児所で保育士が作成する書類
保育士が作成する書類で私たちに一番身近なものには、

 ・連絡ノート
 ・月ごとのお知らせ
 ・年間スケジュール

などがあげられます。


▼連絡ノート

保護者とのコミュニケーションをはかります。昨晩の食事内容や、子どもの体調、 睡眠状況などを保護者から記入してもらい、保育士からは、園での子どもの様子、出来事や、食事状況などを伝えます。園によっては子どもの悪い面を書くのではなく、いい面のみを記入して保護者にお知らせするところもあります。


その他にも次の書類の作成が有ります。
 
 
▼指導計画(日課及び年間計画)

子どもたちの年齢や、発達に応じて分けて、子どもの生活や発達を見通して作成します。これは長期的なものとして、年間のものと、年間の指導計画に関連しながら具体的に、日々の生活に沿った短期的なものとがあります。

・年間保育計画
・月間保育計画
・週間保育計画

などを作成し、これらを基にして日ごとの計画を立てます。  


また、3歳未満の子どもについては個別に作成します。
たとえば、個別の指導計画として入園したての2歳のAちゃんについては「園の生活に慣れるようにゆったりとした気持ちでAちゃんの気持ちを受け止めてあげる」などです。

  
▼保育記録

排泄や、ミルクの量、時間などをその都度記録します。また、個々の子どもたちの体調などを記録し、保育士同士が確認するものです。

フィード