保育士とは

保育士とは保育士のお仕事は、専門的知識、技術をもって
・児童の保育を行うこと
・児童の保護者に対する保育に関する指導を行うこと
をいいます。


ここでいう児童とは、18歳未満の子供のことをさします。
 

保育士は、保育所や、子育て支援センター、乳児院、養護施設などの、児童福祉施設で、親のかわりに、子育ての手助けを行います。それとあわせて、保護者の身近な育児相談者としてのお仕事もします。


保育士になるには、厚生労働大臣が指定した専門機関を卒業するか、年に1度ある都道府県知事が実施する保育士試験を受験し、合格することによって資格として認められます。


保育士の資格を取得したあと、各都道府県で保育士を登録し、晴れて保育士になることができます。また、保育士資格をお持ちでない方が案外ご存知ないのですが、保育士は国家資格なのです。


▼保育士になるには・・・・・
・(厚生労働大臣指定の)専門機関を卒業
・保育士試験を受験、合格(年1度)


保育士としての身近な活躍の場としては保育園があります。
保育園では受け入れている子どもの人数によって配置する保育士の人数が決められています。そのため、保育園で働く場合「保育士」という国家資格が必要となります。
 

また、保育園や幼稚園によっては 「保育補助」という仕事があります。
この場合は、園によって、保育士の資格がなくても、募集を受け付けている場合があります。


「えっ、幼稚園でも働けるの?」
と思われましたか。


幼稚園でも、仕事内容によって働ける場合もあります。
新年度である4月ごろ、まだ入園したばかりの子どもたちの身の回りのお世話を担任の先生に代わって行い、補助をするお仕事があります。

タグ :

関連記事

  1. 保育の仕事とは

フィード