幼保一元化

幼保一元化「幼保一元化」という言葉を聞かれたことありませんか。


幼保一元化の幼とは、文字通り「幼稚園」、保は「保育園」のことをさしています。この二つの施設を一つにしようという国の政策のことをいいます。


文部科学省の言葉を借り説明しますと、「幼稚園と保育所の良いところを活かし、その両方の役割を果たす施設を創る」としています。


この幼保一元化の施設として、「認定こども園」が平成18年10月より開始された制度により創られました。


※認定こども園とは・・・・・
幼稚園、保育所の中で、(保護者の就業の有無に関わらず)就学前の子どもに幼児教育・保育を一体的に行う機能を持ち、地域における子育て支援を行う機能を備える施設などを指し、都道府県知事が「認定こども園」として認定した施設のことをいいます。


また近年、都市部では待機児童の増えたことによって、定員オーバーとなっている保育所が多くあります。その受け皿として定員割れを起こしている幼稚園にて時間外保育を行うところが増えてきています。


▼施設の内容

0~2才3~5才
・保育中心で、一日中保育を行う。(未就園児の短時間保育を含む)
・早朝と夜間は託児サービスを実施し就労支援を行う。
・子育て相談や集いの場の提供を行い、子育て支援の活動を行う。

※保育士資格を持っている人を配置
・午前中は幼稚園的な教育を行う
・その後夕方は預かり保育を行う。

※できるだけ、幼稚園教諭と保育士資格の両方を持っている人を配置。


▼内容
・就学前の子どもに幼児教育、保育を提供する。
・0歳~就学前の児童すべてを対象とする。
・保育に欠ける子も欠けない子も受け入れる。
・地域においての子育ての支援を行う。
(すべての子育て家庭に子育て相談や集いの場を提供する)

※幼稚園教育要領と保育所保育指針の目標が達成されるように教育と保育を提供する。


また以下、地域に応じて多様なタイプが認められています。

幼保連携型認定幼稚園と認可保育所が連携して一体的な運営を行う
幼稚園型認定幼稚園が保育に欠ける子どものための保育時間を確保するなど、保育所的な機能を備える
保育所型認定幼稚園が保育に欠ける子ども以外の子どもも受け入れるなど、幼稚園的な機能を備える
地方裁量型幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の教育、保育施設


そして国の行政窓口は幼稚園担当の文部科学省と保育所担当の厚生労働省とが連携し、「幼保連携推進室」になります。


※幼稚園でも預かり保育が増えることにより、保育士の資格取得者が必要とされます。

フィード